Monday, March 25, 2019

稼ぐ額ではなく稼ぎ方

こんにちは、小林です。

突然ですが、僕は「稼ぐ」という言葉があまり好きではありません。
どうも、この言葉が使われる場合には、
”自己顕示欲” や ”能力自慢” が連想されてしまうから。

まず、「仕事」という言葉は、現代の多くのケースで、
「ビジネス」や「勤務」と同じ意味で使われてしまっていますが、
「仕事」はその文字通り、「誰かのために」する行いです。
それを前提として話をすると、

「仕事において勝ち負けはない」

皆の暮らしが良くなるように行動する事が仕事(であるならば)
収益などの数字を競い合うのはスポーツの世界でやってほしい。
それらを社会でやってはダメだと思います。
暮らしを悪くするような行動をする人が淘汰されるのは良い事ですが、
企業競争の在り方とはズレていて、
収益競争を追い求めると、良いことは一切ない。

そして今や、億単位を稼ぐ人たちの多くは
株式市場やFXなどの場所にいます。
それらに参加する人の多くは、”投機”になっていて、
他人の喜びや利益が自分の利益にも繋がる実商売とはかけ離れ、
他人の損が自分の得になる。

お金を払う人が喜んで払ってこそ良い稼ぎ方。
お金の教育と言って、「楽して稼ぐ」や「不労収入」のことしか頭になく、
さらには純粋な子供にそれを教える、そんな大人たちにこそ、
人々に貢献して、その対価を「頂く」という視線に立った
そんな「稼ぎ方」を改めて考える時かもしれません。

Thursday, February 28, 2019

思いつき備忘録

こんにちは、小林です。

今回は、バタバタとする中で、ふと思ったことの備忘録です。
とくにテーマはありません。あしからず。

********

未来構想というものこそ、ビジネスサイド(民間企業)に任せた方が良いのではないか。公共がそれをやっても、多くが「じゃ、また」の議論で終わるが、ビジネスだと、将来のビックビジネスに繋がる可能性があるから、どの企業も独自の視点で未来予測をして今から行動を起こして、来るであろうビックチャンスに備えている。環境や福祉など公共性の高いイシューにおいても、公共が問題提起をして先手を打ちたいのはわかるが、問題が表面化してきた段階あるいはアーリーアダプターが登場する段階で、そのニーズをキャッチして人々に喜ばれるサービスやモノを提供する企業が必ず出てくるという楽観にも近い信頼を持つことが大事なのでは。

********

物事がうまく行くのは、決まって、ご縁、時間、お金がクロスする場所。
ご縁を頂いても、時間が無くお金が無くでは上手くいかないし、
時間やお金があってもご縁がないと上手くいかない。
最近では、コミュニティの重要性が高まり、色々なイベントでご縁はあるが、
実際に個々が忙しかったり準備不足などで、時間やお金が足りず、
物事が進まないのを多く見かける。
資金を集めたり、人を雇ったりが、それらの解決方法になるが、
それをする段階までにも至っていない場合もある。

********

いっしょに仕事をしたいかどうか。
勉強が出来たり、頭脳明晰だったり、は良いけど、結局は人柄。

********

学問という名の自己満足が多い
日常からかけ離れすぎると、何を学んでいるのか本人も迷うし、
そもそも万人に貢献できるような結果は得られない。


Tuesday, January 22, 2019

夢のチカラ

こんにちは。小林です。
遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年最初の投稿タイトルは「夢のチカラ」としました。
僕は、大小かかわらず果敢に何かに挑戦する個人や企業・組織が好きなのですが、
日本の大企業では、やはり「HONDA(ホンダ)」を挙げたいと思います。
そして、そのホンダのスローガンといえば、 「the power of dreams」
ホントにイイ言葉だな~、と思ってググってみたら、
「いややめ」さんのブログの、とても参考になる投稿を見つけました。
http://www.iyayame.com/2011/01/17/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%81%A8%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%80%81%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%84/

最近のホンダは、ホンダジェットやF1など、
チャレンジが実を結んだ記事や、これから実を結ぶかもしれない記事など、
「チャレンジ」に関連する記事が多く、僕個人としては嬉しく感じます。

記事:ホンダの熱意を知るガスリー「これからどんどんトップに近づいていく」
https://www.as-web.jp/f1/445851?all

記事:国内初の個人オーナーが見たホンダジェット
https://business.nikkei.com/atcl/report/15/226265/122000309/

記事:Mr.ホンダジェットの執念
https://r.nikkei.com/stories/topic_DF_TH_18121200?n_cid=DSREA001

↑ 最後の記事は感動もの。涙が出ます。是非読んで欲しいです。
(限定記事ですが、日経電子版の無料会員登録をすれば読めます。)

記事を読んで、改めて、本当に、人は皆「夢があるから頑張れる」んだなあと。
夢があるから努力が出来るし、辛いことにも耐えられる。
改めて、「夢のチカラ」ってすごいと、新年早々感じています。